人気ブログランキング |

サーティンキュー

2018年 11月 26日 ( 1 )


「 吊るされた男 」であるヒトラーをどう思うか?が最大の鍵!

「 吊るされた男 」であるヒトラーをどう思うか?が最大の鍵!

d0241558_12113188.jpg


★宇宙の母の名は世界中で1000はあると言われるが、インドでの宇宙の母の名の一つはクンダリニーである。意識を覚醒させることを「 クンダリニーの覚醒 」と呼ぶ。これは性エネルギー昇華秘法の実践と正しい知識(グノーシス)の獲得によって33個の椎骨にある背骨の神経が目覚めることを意味する。逆に性的退廃行為によって破滅の道を歩む人間のことを「 闇の母であるクンダバッハに意識が憑依された! 」と表現する。

d0241558_07525562.jpg


★クンダリニーの覚醒を表現するのが布袋様と狸大明神が右手に持つ「 杖 」である。「 杖 」を持つ者が性エネルギー昇華秘法を日々実践してクンダリニーの覚醒に至った者である。そして逆は動物の尻にあるシッポである。毎日マスターベーションを辞めれない猿のような人間には必ずエーテル体にシッポが生えている。次の転生で人間の姿をするのはかなり難しいだろう。

d0241558_10493933.jpg


★性エネルギー昇華秘法が太陽神が人間に与えた最大の秘宝である。浦島太郎の「 亀 」、桃太郎の「 桃と犬・猿・キジ 」、アラジンと魔法のランプの「 魔法のランプ 」は性エネルギー昇華秘法のシンボルである。性エネルギー昇華秘法を知らない、実践しない者は何も知らないと同じだ。性エネルギー昇華秘法を実践しない人間は「 六道 」から解脱することはできない。




★カルト教祖の全てが性的退廃者である。文鮮明、池田大作、麻原彰晃、大川隆法、この4人は完全なる性的退廃者である。では鷲を最大の敵としてバチが当たって去年死んだ五井野正は?性エネルギー昇華秘法には全く無知であった。しかし池田大作が「 女問題 」でしくじったから池田大作ほど性的退廃はしてないような感じはしている。しかしバカげた妄想家でバカそのもので数字の「 六 」にすぎなかったが。

d0241558_21354853.jpg


★メキシコ人ミゲルネリは性エネルギー昇華秘法のテクニックはもっていた。かなり研究していた。しかし師のサマエルと同じように、イエスキリストは肉体を持って存在した人物であり、ゴルゴダの丘で死刑に成った後に、三日後に肉体を持って蘇ったと講演していた。そこが間違い。それではキリスト教徒ということ。





「 イエスは彼らに言われた。まことに、まことに、あなたがたに告げます。人の子の肉を食べ、血を飲まなければ、あなたがたのうちにいのちはありません。わたしの肉を食べ、わたしの血を飲むものは永遠の命をもっています。わたしは終わりの日にその人をよみがえらせます。わたしの肉はまことの食物、わたしの血はまことの飲み物だからです。わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は、わたしのもとにとどまり、わたしも彼のうちにとどまります。生きる父がわたしを遣わし、わたしが父によって生きているように、わたしを食べる者も、わたしによって生きるのです。これは天から下ってきたパンです。あなたがたの父祖が食べて死んだようなものではありません。このパンを食べる者は永遠に生きます。(ヨハネの福音書6章の53から58) 」





★真実を探求する者に間違いは許されない。グノーシスは絶対にキリスト教という悪魔教には堕ちない。キリスト教の神父たちは何をやってきたのか?子供たちをレイプしたことまでは解って来た。その上のレベルの「 子供を殺害して、子供の肉を食べ、子供の血を飲んできた 」のが伝統キリスト教の神父達だ。世界的な子供の誘拐事件の真犯人は伝統キリスト教の神父達だと鷲は推理している。それはヨハネの福音書第六章の比喩の文章を読めないためである

d0241558_15454574.jpg

d0241558_12195652.jpg

★我々が生きる目的は「 太陽神と一体化するため 」である。キリスト教はその世界を「 1000年王国 」と名付けたのかもしれない。しかし彼らは何事も間違っている。三位一体も、キリストの意味も、INRIの意味も、ゴルゴダの丘の意味も、正午6時から午後9時にイエスが死刑に成る意味も。





★鷲はヒトラーを肯定した時から性エネルギー昇華秘法を実践できるようになったし、世界もヒトラー肯定の流れになっている。裁かれる悪魔教とは「 子供を殺し、子供の肉を食べ、子供の血を飲んできた 」ユダヤ教徒とキリスト教徒の方である。聖書は「 呪われた黒い書物 」である。聖書を見抜けない人間に性エネルギー昇華秘法が実践できるわけがない。



d0241558_10372604.jpg




  



by xuzu9851 | 2018-11-26 18:11 | Comments(0)