人気ブログランキング |

サーティンキュー

2019年 02月 25日 ( 2 )


鷲の最近書いていることの総括

鷲の最近書いていることの総括




★前回、鷲の書いた「 天皇の正体 」は鹿島昇の著作を読んでいけば解ることである。鹿島昇に足りない観点は明治維新は「 英国の日本支配 」だった!という観点。そして戦後は「 米国の日本支配 」である!という観点。そして1930年代の血盟団や2,26の青年将校の反逆は、英国ロスチャイルドと関係が深い政財界の要人への太陽神からの裁きだった!という観点。満州国建国には大本教の出口鬼三郎の影響力が大きかったから、満州国の溥儀皇帝以下の要人の全てが大本教の別動隊の道院と紅卍の会員であったという観点。




★鹿島昇の著作を中心にして真実の歴史を書いている本を常に探していれば本当の日本史が解ってくる。本当の日本史や世界史を知ることは非常に重要である。「 歴史は繰返す 」からであり、真実の歴史を知る者は「 歴史は繰返す 」ゆえに未来が見えるようになるからだ。今は1930年代のヒトラーが出て来た頃、関東軍が出て来た頃の繰返しである。ロスチャイルドが裁かれ、イエズス会が裁かれる時。だからカトリックの神父達の「 子供たちへの性的虐待が明らかにされ 」、米国も内乱状態になっている。米トランプ大統領の誕生もロスチャイルド支配が崩れてきているからである。




★鷲のレベルの日本史は誰でも行ける世界である。鹿島昇の著作もアマゾンで簡単に手に入るからである。しかし鷲が書いた「 将棋をタロットカードで解読する 」は全く未知の領域に入った!と自覚している。多くの人々が「 将棋とはレゴミニズムである 」とは気づいてない。「 レゴミニズムとは太陽神が人類に与えた芸術作品による教え 」である。レゴミニズムと云う概念を日本人の多くが持ってない。「 将棋とは太陽神が人類に与えた人間の生き方を表現した芸術作品 」という鷲の理解は鷲の前に誰も語ったことがないし、前代未聞の領域に入ったと自負している。




★それと性エネルギー昇華秘法は、間違った思想の者、例えばキリスト教を信じている者たちはできない!という考えも鷲のオリジナルである。性エネルギー昇華秘法のテクニックはメキシコ人のミゲルネリから鷲は習った。しかし性エネルギー昇華秘法を日々実践するには旧約聖書が否定した太陽神バアルの世界に行かないとできない!と鷲は体験から発見したのだ。鬼三郎がスサノオの世界を語っていたのも、スサノオの別名はバアルであり、本当の太陽神はバアルだから、反バアルの書物の旧約聖書は呪われた書であり、だから旧約聖書を信じるユダヤ人もカトリックの神父もウルトラ性的退廃人となりナチスに迫害されたのである。

d0241558_19053419.jpg

★天皇が神武天皇以来2660年も伝統があると思っている浅はかな者たちは、堀ちえみのように「 癌治療で死ぬ 」だろう。堀ちえみは癌でまだ死んでないが、テレビに出るタレントのこれまでの癌治療モノは、多くの無知な「 六 」の人間の死に方を示していると鷲は感じている。英米が創った天皇に騙されるような「 六 」のロクデナシの日本人は、近く、堀ちえみのように「 癌治療 」で死ぬ!という予告である。癌は病気ではない。「 癌は病気という信仰は今のバカ医者にあるだけ 」のこと。天皇に騙される者は癌治療にも騙される!ということ。




★性エネルギー昇華秘法のテクニックは簡単である。しかし考え方が間違っているなら性エネルギー昇華はできないのである。仏教や神道の者ならできるが、イエズス会が侵入した仏教や神道の者はできない。イエズス会が侵入した仏教とは創価学会であり、イエズス会が侵入した神道とは今の皇族である。小室圭と眞子様は国際基督大学で出会ったことで皇族がイエズス会だと解る。鬼三郎が言ったように真の太陽神はスサノオであり、スサノオの別名がバアルであるのだ。「 性の迷宮 」からの出口はバアル崇拝でなければならない。太陽神とは昼の頭上に存在する太陽であり、目に見える太陽がタロットカードの「 4 」の皇帝である。

d0241558_08575705.jpg

★性エネルギー昇華文化を考えると「 性エネルギーを脳神経と胸腺にフィードバックする 」ほど大事なことない!という古代からの、また、未来からのメッセージを受取る。しかし性エネルギー昇華は間違った考え方の者はできない。日本国憲法の言葉のウソを見抜き、聖書のウソを見抜いた者しかできない。性エネルギー昇華によって「 脳神経が復活 」して正常な人間に成る!ことは間違いない。狸大明神という芸術作品が太陽神の教えの全ての中心である!


d0241558_16044374.jpg




   



by xuzu9851 | 2019-02-25 17:05 | Comments(0)

英米支配と関東軍の逆襲と天皇の正体

英米支配と関東軍の逆襲と天皇の正体

d0241558_09555322.jpg


★明治維新で英国(ロスチャイルドとイエズス会)が日本を支配する時「 現人神天皇 」という絶対神を創作したのは、絶対神を創作することで盲目的信仰心により死を恐れない日本戦士たちを多く育てることができるし、日本を軍事国家にすることで日本軍を英国の手先とすることで、英国の利益の侵略戦争をやらせ、英国ロスチャイルドの支配領土を拡大させることが目的だった。日清日露の戦いは日本の利益のためではなく英国ロスチャイルドの利益のためであり、日韓併合から満州国建国、そして日中戦争も英国ロスチャイルドが日本を使っての利益拡大のための戦争であった。

d0241558_07433482.jpg
d0241558_10272603.jpg

★ところが1930年代、日本軍人の中に「 大アジア主義 」という思想が起きて、ロスチャイルドと関係が深い政財界の要人たちが暗殺される!という大事件が起きた。その代表的事件が血盟団事件。そして英国の手先となった先輩日本軍人たちを暗殺する事件が青年将校たちの反乱である「 5,15事件 」や「 2,26事件 」だったのである。日本軍が韓国併合や中国への侵略戦争をしたのではなく、英国の手先として日本軍が英国の利益のために侵略戦争をしたのであって、それは明治維新で現人神天皇への「 盲目的な信仰心が力の基礎 」だった。そして明治天皇という現人神天皇を創作したのが、英国ロスチャイルドとイエズス会だと解れば明治からの日本軍の戦争の真実が全て解るのである。

d0241558_07374446.jpg
d0241558_10392436.jpg

★1930年代の関東軍は英国の手先ではなかった。大アジア主義という大目的を持っていた。英国ロスチャイルドの利益のために関東軍に資金を出して満州国建国と日中戦争をやらせたロスチャイルドを裏切って、関東軍は「 欧米支配からのアジア民族の独立戦争という大目的を掲げること 」になる。戦後、米国に思想支配されている中韓から常に日本は「 侵略戦争をやった! 」と謝罪を求められるが、日本軍に侵略戦争をやらせたのは英米であり、関東軍に至っては「 欧米のアジア支配からの独立戦争 」という思想があった。


d0241558_10301064.jpg
d0241558_07532268.jpg
d0241558_07525513.jpg

★戦後、インドネシア・フィリピン・ビルマ・インド・台湾・インドネシアなどが独立できたのは「 欧米からのアジア民族の独立 」を掲げる日本軍人の働きによるものである。1975年にベトナムが米国に勝利したのも日本軍人がベトナム軍にゲリラ戦を教えたためである。この英米のアジア支配と英米から独立しようとする大アジア主義の日本軍の戦いを戦後の多くの日本人は米国に支配されて歴史が捏造されているゆえに知らない。

d0241558_17491674.jpg

d0241558_09440169.jpg

★天皇に関して言えば、初代天皇は朝鮮人の金良琳(42代文武天皇)であり、朝鮮人天皇を支配したのは「 唐からやって来たという名の藤原氏 」であった。つまり唐と新羅が倭国を滅ぼし、新羅の王族が帝王の意味の天皇と名のり、唐からやってきた者たちが藤原氏と名のり天皇を操るという体制。日本と云う国名は663年の白村江の戦い以後の国名である。倭国が滅び、唐と新羅の列島支配の後に日本が誕生したのである。日本と云う国の誕生は663年の白村江の戦いの勝利国によるものであった。



d0241558_10020469.jpg
d0241558_10012673.jpg

★明治維新時に造られた現人神天皇は英国ロスチャイルドとイエズス会が創ったものであり、戦後の象徴天皇は米国戦略情報局(OSS)が創ったものである。天皇の真実が解って来ると、明治天皇の現人神天皇はロスチャイルドとイエズス会の利益のためであり、戦後の象徴天皇は米国の一部のための利益のために創られて存在していると解る。しかし「 歴史の捏造のウソ 」に騙されてるから天皇は神武から2660年も維持されている!と信じてしまう。その多く日本人の心の境地は一億総玉砕に追い込まれた戦前の日本人と同じである。ウソに騙されているかぎりは「 六道に堕ちている 」ということ。そして「 六道に堕ちている者たち 」は戦争で死ぬか?天変地異で死ぬか?癌治療で死ぬか?どちらにしろウソを見抜けない者は太陽系にはいらないので死神に殺される!ということ。天皇とは何か?その解答でその人間が「 6(ロクデナシ) 」か?「 9(太陽系人類) 」か?が解るのである。

d0241558_10491437.jpg


d0241558_13101752.jpg









            



by xuzu9851 | 2019-02-25 09:01 | Comments(0)