人気ブログランキング |

サーティンキュー

2019年 03月 10日 ( 2 )


お多福様と黒い女神カーリー

お多福様と黒い女神カーリー


d0241558_07525562.jpg
d0241558_22074588.jpg


★白い月の女神であるお多福様と一つのミカンのシンボルは欧米のキリスト教世界では聖母子像となる。しかしこの白い月の女神のお多福様と一つのミカンを拝んでいても開運はない。開運とはなんだろうか?金持ちになることだろうか?魂を失った性的退廃者の神はお金様だが、お金というものは「 社会制度の産物 」であり、社会が崩壊するとお金も崩壊する!ということを頭に叩き込んでないとダメだ。



★歴史を研究するとは「 お金 」の研究でもある。19291024日の暗黒の木曜日から世界大恐慌となった。今は再び「 暗黒の何曜日 」が必ず起きる時である。「 お金の破滅 」は必ず来ることだから。世界のほとんどの男たちは「 カネを神のように崇拝する性的退廃者 」である。100年前も今も同じだ。しかしいつの時代も浦島太郎は「 性エネルギー昇華秘法 」を発見してマスターして竜宮城に行くだろう。


d0241558_16192648.jpg

★白い月の女神とミカンが表現する「 鏡餅 」を目の前にしての「 性エネルギー昇華 」の方法は以下である。




1、アーーーオーーームーーー、と三回唱える



2、「 白い月の女神よ!性エネルギーを33個の脊椎骨に沿って上昇させ、脳神経と胸腺にハテナ(?)の形に昇華し、太陽の子を誕生させることを援助してください、聖なる法により、太陽神の名においてそうありますように 」と唱える。



3、座禅、瞑想の▲の形で座り、深く息を吸いながら「 ハ~~~~ム~~~~~ 」というマントラを心の中で唱えながら、性エネルギーを33個の脊椎骨に沿って上昇させ脳神経に至らせるイメージを持つ。



4、「 ハ~~~~ム~~~~~ 」の深い息を吸うことが限界になった時に、脳神経から胸腺の太陽神に性エネルギーを至らせるために「 サッ====!! 」という声を出して胸腺の太陽神に至らせるイメージを持つ。



5、この「 ハ~~~ム~~~サッ===!! 」の性エネルギー昇華を一回として、9回を一セットとする。



6、9回終わったら「 白い月の女神よ!性エネルギー昇華を援助をしてくれたことを感謝します 」と言い、「 アーーーオーーームーーー 」を三回唱える。



★鏡餅も「 性エネルギー昇華のためのレゴミニズム 」である。お正月の縁起物の門松やしめ縄や鏡餅や第九の演奏や紅白歌合戦などはすべて性エネルギー昇華秘法を実践するために存在している。白い月の女神のお多福様が常に身近にいるなら幸運と幸福があるだろう。しかし性的退廃者は黒い女神カーリーによって首を切り落とされるのである。我々は太陽系に存在している。性的退廃者は太陽系には存在できない!ということ。数字の6の人間の創作した偽の知識(学問)に騙されてはならない。太陽系の知識であるグノーシス(太陽系の根本知識)を常に探求することである!





d0241558_13531448.jpg

   



by xuzu9851 | 2019-03-10 18:07 | Comments(0)

鮭は途中から故郷に戻る!

鮭は途中から故郷に戻る!


d0241558_16575473.jpg

★毎日「 性エネルギー昇華秘法 」を書いているが、それは鷲が毎日「 性エネルギー昇華秘法 」を実践しているからであり、神社や寺や昔話の桃太郎や浦島太郎や将棋や大晦日やお正月の儀式を考えると「 性エネルギー昇華秘法 」ほど人間にとって大事なことはないと思うからだ。故郷から離れて泳いでいた鮭が、途中から故郷に帰ってくる。鮭が故郷の太陽神に帰ること(行)が「 性エネルギー昇華秘法の実践 」である。

d0241558_08363341.jpg


★戦後の日本人は十分に666の社会を生きた。そして、その666は地獄の世界であったのだ。それに気づかないとならない。「 性的退廃者 」と「 カネを神のように崇拝する人間の世界 」がどのようなものだったのか?それを十分に理解したと思う。その「 666のシックス 」から解脱するには「 性エネルギー昇華秘法 」の実践しかない。しかし思想的な問題をクリアしなければならない。聖書の問題、戦後憲法の問題、学校教育の問題、学問の問題、カネの問題などをクリアしなければ「 性エネルギー昇華 」はできない。

d0241558_13135801.jpg


★「とうりゃんせ」という童謡の中で「 いきはよいよい、かえりはこわい、こわいながらもとうりゃんせ、とうりゃんせ 」という歌詞があるが、太陽神に帰ることは「 性エネルギー昇華秘法の実践とグノーシス(根本知識)の獲得 」が必要だから、難しいのである。しかし鷲は毎日「 性エネルギー昇華 」と「 グノーシス(根本知識) 」を書く。最近気づいたが「 性エネルギー昇華 」を嫌う人種がいる!ということ。最近、鷲のブログを読む人間が激減しているのだwww  しかしサーティンキューでグーグル検索すると50万くらいのヒットである。ブログしか書いてない鷲が50万もヒットすることが異常だと気づかないとならない。


d0241558_16192648.jpg

★戦後の日本は74年。この74年間で「 性エネルギーを宇宙の母の援助を得て、33個の脊椎骨に沿って上昇させ、脳神経と胸腺にハテナ(?)の形に昇華して、太陽の子を誕生させる! 」と言ったのは鷲一人である。宗教と呼ばれるものの奥の奥を簡単な言葉で語っているのは鷲だけ。誰も気づいてないがこの鷲の言葉は世界を変えると確信している。人間の問題とは常に「 性 」であるからだ。「 性エネルギー昇華 」の実践しか太陽系人類に戻れることはない!

d0241558_14160320.jpg


★鷲も十分に太陽神から離れた地獄を深く体験した。だから空海のように太陽神に回帰する「 9 」を目指しているのだ。「 性エネルギー昇華 」こそが復活の第一であり、そして「 グノーシス 」の獲得である。かつての鷲の先生だったメキシコ人のミゲルネリは聖書とキリスト教に騙されたからイニシエートにはなれなかった。鷲は聖書の世界はウソだとはっきりとわかっている。仏教の六波羅蜜を実践するのが今の鷲の目的である。

d0241558_02032920.jpg

  



by xuzu9851 | 2019-03-10 13:11 | Comments(0)