人気ブログランキング |

サーティンキュー

2019年 05月 25日 ( 2 )


コシミズは吉本新喜劇の「 池乃めだかの最後のすて台詞 」のワンパターン

コシミズは吉本新喜劇の「 池乃めだかの最後のすて台詞 」のワンパターン







★リチャードコシミズの2019年5月25日の講演を聞いていると「 コシミズとは吉本新喜劇の≪ 池乃めだか ≫である! 」と感じる膿~。上の動画の21分経過したところでブログ閉鎖を語っているが、やられまくっているのに最後にすて台詞の「 今日はこの辺で辞めてやろう~ 」のあのワンパターンだ。あの場面の池乃めだかの動画がないので貼ることはできないが、「 コシミズは負けを認めないのは、負けを認めると、彼が創った≪ 闇の権力と戦うコシミズ ≫のアイディンティティの崩壊となるからと今までの何もかもが崩れ落ちてしまうからだろう。




★現実には「 世界の闇の権力と戦う国士リチャードコシミズ 」は、とっくに終わっているのだが、そこになんとか執着しているのがリチャードコシミズである。今日の講演会の6分すぎから2019年5月24日の夜のアメーバーブログの閉鎖を語っているが、「 裏社会と戦う国士リチャードコシミズ 」を存分に主張しているが、コシミズは多くの人々が指摘しているように「 国士 」でも「 正義の者 」でもなく「 妄想を語る者 」であることは明らかである。




★リチャードコシミズの発言の殆どが間違っているのは、彼の精神の根本が間違っているからである。それは



1、≪ 裏社会 ≫とはコシミズが妄想で創り出したもので≪ この世に存在しない ≫



2、元会員たちを「 工作員 」とか「 覚醒剤中毒者(シャブ中) 」とか「 保険金殺人集団 」と決めつける行為もコシミズの妄想が創り出したもので、そのような者たちは≪ この世に存在しない ≫



3、上の妄想を土台とした考えで、会員(元を含め)たちの情報開示をすることは犯罪となるだろうし、元会員たちの激しい反撃にあうのは当たり前だ。コシミズが2005年11月に破産している!という証拠である官報を出されるとか。なにも根拠も証拠もないのに多くの人々を「 覚醒剤中毒者 」や「 保険金殺人者 」だと決めつけブログや動画でさらすことは犯罪である。実はその犯罪を過去にずっとやってきてネットの法整備ができてないゆえに逃れてきた。しかし今はそれをやれば今回は犯罪者として逮捕されるかもしれない。決めつけが「 シャブ中 」や「 保険金殺人犯 」なんだから。



4、コシミズの保険金殺人の知識は週刊誌の読者レベルの知識にすぎない



5、コシミズは真相の追求者ではなく≪ 妄想での自己保身 ≫ために無駄エネルギーを浪費している



6、コシミズの言う、独立党会員たちの保険金殺人は誰もしてないが、コシミズの≪ 轢き逃げ疑惑 ≫はこれから明らかにされるかもしれない。



7、コシミズを観察する多くの人々はコシミズが妄想家でありドタマに問題があるとわかっている



8、コシミズの戦いは≪ 偽りの英雄のコシミズ ≫を守るための戦いだが、必ず敗北する



9、≪ 理詰め ≫と≪ 証拠 ≫で攻めるとコシミズは必ず敗北する



★吉本新喜劇の≪ 池之めだかの最後のすて台詞的な発言 ≫をいつまでリチャードコシミズはやるつもりだろうか?「 裏社会 」と「 元会員たちの覚醒剤中毒と保険金殺人集団 」はリチャードコシミズの頭の中のだけあることである。そしてリチャードコシミズはカルトには全く無知である。鷲はカルトに詳しいから解っている。コシミズの語る知識は全て週刊誌やテレビやネットからの受売りレベルである。取材しないから全てが週刊誌レベルの情報を基にした妄想に堕ちている。彼の思想的な土台は「 ありふれた戦後左翼 」にすぎない。



★しかしリチャードコシミズは多くの人々を「 間違った妄想に導いた 」。それが今、裁かれる時だ。いつまでもコシミズを信じているバカも裁かれる。一言で言えば「 コシミズは妄想を土台として妄想を語るから話の何もかもがおかしい 」のである。カルト教祖の全ては「 妄想を土台として話す頭がおかしい者 」だが。リチャードコシミズは真実を求める者の「 試金石 」である。彼の「 妄想からくる正義 」を深く観察して考え、そのウソを見抜くことは真実の探求者として重要なことである。



d0241558_13531448.jpg

      



by xuzu9851 | 2019-05-25 20:33 | Comments(0)

2019年5月24日にリチャードコシミズは太陽神から死刑判決を下された!

2019年5月24日にリチャードコシミズは太陽神から死刑判決を下された!






d0241558_15323261.jpg




★リチャードコシミズのブログがまたまた閉鎖となったようだ。今回も裁判に出ないので八墓村のタタリが落ちてきたのだろう。鷲の記憶では三回以上、彼のブログ閉鎖になったと思うが、これで「 ネットジャーナリストの廃業 」となるかな。取材しないで妄想でウソとハッタリをかますことが限界になった!ということ。また妄想を語るカルト教祖は世界的に太陽神により裁かれているから、その現象の一つだろう。




★鷲が20歳の頃、東京の新宿で開かれていたジャーナリスト教室に通っていた。当時の若手の雑誌記者たちとつきあっていたが、常識として取材することがジャーナリストの命である!とは言葉で言わないにしろあまりにも常識だった。あの頃の我々の世代の憧れのスターの沢木耕太郎だって「 肉体派の取材活動が武器 」だったわけで。戸井十月にしろ「 肉体派の取材活動が武器 」だった。それが常識。沢木耕太郎が出てきた時は「 ニュージャナリズム 」と言われていたが、それは単に沢木耕太郎が若かっただけの話で、前世代のジャーナリストよりも初期の彼は取材を重視していた!と記憶している。




★「 ネットジャーナリスト 」とあえて公言しなくても、今時、ネットを使わないジャーナリストはいないわけだし、今のこの時代にネット使わない人間もいない。ジャーナリストの究極の仕事の本質は「 真実を明らかにすること 」である。3,11は「 米軍の地震兵器によるもの 」ということは、表の大きなマスコミは書けない。そこが表の大きなマスコミの大弱点である。会社に所属するため、カネのため、生活のために「 3,11は米軍による地震兵器のために起きた 」と書けないのである。地震兵器か?自然界の地震か?それは「 地震の波長 」で簡単に分かる。3,11は米軍の地震兵器によって起きた。それを大きなマスコミが言えないから、「 3,11は米軍による地震兵器によるもの 」と書いたコシミズが脚光を浴びたのである。





( 注 )コシミズが脚光を浴びたのは「 9,11 」と「 3,11 」の真相を大手マスコミが隠したからである。その理由は米軍が起こした事件であるからだ。


d0241558_07253977.jpg





★リチャードコシミズとは「 ジャーナリストもどき 」の存在である。彼がネットジャーナリストを名乗る前の人生が世間から脱落した不遇人生ゆえ、会社に所属しない一匹オオカミだったので「 3,11は米軍の地震兵器によって起きた 」と発言できたのである。それで一時的に脚光を浴びたが、その後の彼を見れば、しょせんは「 そこらの飲み屋にいる酔っぱらいバカ親父のレベルゆえに転落 」というのが今回の「 裁判欠席 」と「 ブログ閉鎖 」が同時に来た!ということだろう。2019年5月24日はコシミズへの「 死刑判決! 」ということ。太陽神にコシミズは裁かれた!ということ。




★鷲が見てきた週刊誌記者たちは、しょせん「 魂を悪魔に売る売文家 」であり、それはダンテの神曲の地獄編の8段目の地獄にいる「 聖なるものをカネに換える存在 」である。カネを神と信心するかぎり「 性エネルギー昇華と真実 」には到達しない。カネとは何か?それは人生の全ての戦いを通して解る「 深淵な叡智からくる哲学を誕生 」させて初めて分かることだから。売文家レベルでは「 3,11は米軍の地震兵器によって起こされた! 」とは言えない。ではコシミズは英雄だったのか?それが違うことは彼の信者でない者の全てが解っていること。あれは不遇人生を歩んでいたコシミズに太陽神が与えた一瞬のチャンスだった。芥川龍之介の小説の「 蜘蛛の糸 」だったのである。



★しかし多くの人々が彼を見て解っているが、リチャードコシミズは真実を語る者ではない。妄想を土台としてウソを語る者である。それが五井野正と同じレベルのカルト教祖ということ。彼の「 世間に対する上から目線 」のすべては、これまでの彼の人生体験の失敗からくるコンプレックスの裏返しの感情である。そしてコシミズのような「 妄想を語る者 」を信じることは非常に危険である。それは麻原彰晃で解るはずだ。2019年5月24日にリチャードコシミズは太陽神から「 死刑判決 」を下された!ということ。



d0241558_12515757.jpg


  



by xuzu9851 | 2019-05-25 01:55 | Comments(8)