人気ブログランキング |

サーティンキュー

2019年 06月 03日 ( 1 )


息子殺しの背後にある悪魔の存在

息子殺しの背後にある悪魔の存在










★元農林水産省の事務次官(76歳)が「 長く引きこもっている44歳の息子 」を殺した事件があった。44歳の息子は無職なのに一か月にゲームで30万以上も使うほどカネに恵まれていた。そのカネはもちろん親からカスネたカネだろう。44歳の息子は家庭内暴力をしていた!というから元農林水産省次官の家庭内が44歳の息子が暴力で支配する王様である「 タロットの15のカード 」の中に入っていたと思われる。




息子殺しの背後にある悪魔の存在_d0241558_15205926.jpg
息子殺しの背後にある悪魔の存在_d0241558_15212415.jpg




★カネの問題がなくなれば別の問題で苦しむものだが、その典型が今回の事件である。カネに苦しんでいるより、44歳のバカ息子の暴力に苦しんでいる両親の境遇の方が苦しいだろう。これまでエリートの家で、バカ息子の家庭内暴力の事件は数多く起きてきたと記憶している。体制への過剰適応者は、人間が本来学ばないとならない大切なものを学ばずに落としてきた者が多い。その大切な面から逆襲されている!という事件であろうか?






息子殺しの背後にある悪魔の存在_d0241558_07233814.jpg

息子殺しの背後にある悪魔の存在_d0241558_08045003.jpg





★「 親殺しの家 」に鷲が深く関係していた一時期があった。ずっと前、世間で有名な「 お化け屋敷 」と言われた家にその事件とは全く関係がない鷲一人で住んでいたことがあった。その経緯は省略するが、鷲がその家に行って「 昼は悪魔祓いの儀式 」をやり「 夜はお化け屋敷の見物人たちを追っ払っていた 」のである。鷲が昼間にその家の中で「 悪魔祓い 」をやっていたことは、鷲の親でも周囲の人間でもわからなかった。説明しても解らないと思って説明もしなかった。






息子殺しの背後にある悪魔の存在_d0241558_06213271.jpg




★しかし鷲にはわかっていた。ミゲルネリから悪魔払いを習ったので「 この家で悪魔祓いをやれ! 」というハイラーキーからの命令だと。多くの人々は「 悪魔祓い 」を知らない。だから「 悪魔に憑依される 」のである。熊澤英昭氏の息子は「 悪魔に憑依された者 」である。そして長年、熊澤英昭氏は悪魔に憑依された息子に苦しめられていた。その息子は息子ではなく、実は悪魔であったのだ。息子に見えるが中身は悪魔だったのである。そして熊澤英昭氏は息子を殺した。超エリートだったのに、晩年は刑務所での暮らしとなってしまう。体制に適応過剰のエリートに成るべき過程で、落としてきたものが非常に重いものだったのである。しかし彼が逮捕された時のサバサバした表情は、長年、悪魔に苦しめられたことを自己犠牲で解決したスッキリした気持ちからくるものだろう。











★去年、財務省の福田淳一はセクハラ発言で事務次官をクビになった。熊澤英昭氏と福田淳一氏の二人が知らなければならない知識は「 悪魔払い 」と「 性エネルギー昇華 」であったのだ。しかしその知識を人間はなかなか手に入れることはできない。鷲に伝授しれくれたミゲルネリ以外の者が伝えるとダメになってしまったかもしれなかったし。高学歴オウム真理教の信者たちもこのような知識(グノーシス)が欲しかった。しかし宗教詐欺師の麻原彰晃に騙されたのである。













息子殺しの背後にある悪魔の存在_d0241558_10110564.jpg

  






by xuzu9851 | 2019-06-03 07:46 | Comments(0)