人気ブログランキング |

サーティンキュー

2019年 06月 05日 ( 2 )


本質的な怠け者は死神に殺される!

本質的な怠け者は死神に殺される!


本質的な怠け者は死神に殺される!_d0241558_07182346.jpg




★上のペンタグラムの左上の数字の1と数字の2の意味は


  数字の1 ➡  宇宙の父


  数字の2 ➡  宇宙の母



  である。





★この「 宇宙の父の数字の1 」と「 宇宙の母の数字の2 」の「 太陽の子を誕生させる 」ことが人間の生きる目的である。表現を変えれば「 1・2・3 」の三位一体を三回実現することが人間の生きる目的である。肉体を持って太陽の子を誕生させた者がサンサンクドの実現者の「 数字の9 」である。このような本物の知識(グノーシス)があれば「 肉親の悪口を常に言いながら肉親にベッタリと依存する最低の存在 」を回避できる(た)かもしれない。肉親は肉体上の両親であり、本当の両親は「 数字の1と2の宇宙の父と宇宙の母 」であるのだ。




本質的な怠け者は死神に殺される!_d0241558_11261041.jpg

本質的な怠け者は死神に殺される!_d0241558_07573131.jpg





★さきほど町を歩いていると上の狸の置物が売っていた。500円であった。狸の腹は太陽の子を誕生させている妊娠腹である。太陽の子を誕生させた者が「 太陽神と一体化 」した者である。「 太陽神と一体化した者のシンボルの一つが狸の置物 」であり、布袋様であり、世界中にあるシンボルで表現されている。












★今回の事件で、どうして親がヒキコモリの息子を殺したのであろうか?学校で習う知識が全く生きる上で役に立たないガラクタであるからだ。瞑想や禅定や性エネルギー昇華のやり方を知っていればヒキコモリで得ることのできる「 有り余る時間を座禅や瞑想で有効に使うことができる 」。しかしロクデナシの世界に堕ちているから、無駄な時間の浪費となり、最後は親に殺されるか?子が親を殺すか?の悲惨なことになる。




本質的な怠け者は死神に殺される!_d0241558_06551178.jpg



★ヒキコモリの良い点は時間の全てを自分のために使うことができることである。しかしハイラーキーの知識を持ってないと時間の浪費となる。またハイラーキーの知識を得ることはなかなか難しい。「 暗い洞窟 」とはネガティブなエネルギーに支配されていることを表現するものである。しかしハイラーキーの知識であるグノーシスはどこにでもある。そして「 真に生きる基本 」はいつの時代も≪ 性エネルギー昇華の実践 ≫である。アラジンは暗い洞窟の中で指輪と魔法のランプを発見したが、宇宙の母のシンボルである指輪と性エネルギー昇華のシンボルである魔法のランプを発見することがいつの時代も蘇るの道の基本であろう。





本質的な怠け者は死神に殺される!_d0241558_13151871.jpg





★熊澤英一郎は死神に殺された!と思う。父の方が誰が見ても正しいからね。ダメな者はいずれ「 死神に殺される結果 」となる。でないと太陽系は維持できないからだ。時間の浪費者をいつまでも太陽神は生存させることはしない。戦争や天変地異や世界大恐慌、人間が思うあらゆる災いは死神である太陽神が起こす。それは太陽系を維持するためにである。




本質的な怠け者は死神に殺される!_d0241558_13172908.jpg




      



 


by xuzu9851 | 2019-06-05 12:02 | Comments(0)

ヒキコモリ問題は太陽エネルギーに乗ることで解決できる

ヒキコモリ問題は太陽エネルギーに乗ることで解決できる





ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

強制収容所(きょうせいしゅうようじょ、独: Konzentrationslager コンツェントラツィオンス・ラーガー、一般にKZ(カーツェット)と略、管理者である親衛隊 (SS) は公式にKL(カーエル)と略[1][2])は、ナチス党政権下のドイツがユダヤ人、反ナチ分子、反独分子、エホバの証人、政治的カトリック、同性愛者、ソ連捕虜、常習的犯罪者、「反社会分子」(浮浪者、ロマ、労働忌避者など)といった者たちを収容するために、ドイツ本国および併合・占領したヨーロッパの各地に設置した強制収容所である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




★ナチスが強制収容所に入れたのは以下の人間たちであった。その中に「 反社会分子 」という存在があるが、その中の「 労働逃避者 」が、今のヒキコモリの者たちに当てはまるだろうか?



 1、ユダヤ人

 2、反ナチス

 3、反ドイツ

 4、エホバの証人

 5、政治的カトリック

 6、同性愛者

 7、ソ連捕虜

 8、常習的犯罪者

 9、反社会分子(労働逃避者など)


  など





★上を見れば、次のフランス大統領と言われるマリーヌルペンの父は1970年代に街頭でナチス賛美発言をやっていた者であり今のフランスの潮流の本質はナチスの蘇りであり、カトリックは世界的に「 子供たちへの性的虐待で信用が大失墜 」しているし、労働逃避者の中年のヒキコモリたちが社会問題になっているし、エホバの証人はロシアではエホバの証人の信者だ!ということで逮捕されている。














★時代はナチスの時代に帰っている。時間は直線で進むのではなく、アナログ時計の針のように繰り返されている!ナチスは1933年1月に政権を取る。今は1930年あたりだろうか?今、AIが異常なまでに発達しているのも「 ナチスが現代コンピュータの父 」であるからAIの発達もナチスの蘇り現象の一つ。今は全体的に見て「 ナチスの蘇りの周期 」にある。










★よく安倍総理をヒトラーだと言う者がいるが安倍総理は「 イエズス会右翼 」に属していてグノーシス(本物の知識)のナチスではない。安倍総理は「 イエズス会右翼 」であるから、大きな目で見れば、今はイエズス会が裁かれる周期にきているので、今の自民党の裁きも近く来るだろう。












★「 親の悪口を常に言っているのに親に依存しなければ生きていけない中年ヒキコモリ 」の問題も強制収容所の存在で解決できるのかもしれない。それともヒキコモリたちを国が大きな公共事業を創り出し労働者として引っ張り出す!ことをして解決するか?




ヒキコモリ問題は太陽エネルギーに乗ることで解決できる_d0241558_08111901.jpg




★しかし「 中年ヒキコモリたちが瞑想や禅定に目覚め 」、有り余る時間を瞑想や禅定につぎ込み「 性エネルギー昇華の実践をする 」ならその有り余る時間は有効となるだろう。幻想である社会からの落伍というコンプレックスをいつまでも払拭できないから親殺しや子殺しという五逆罪を起こしてしまうが、性エネルギー昇華の禅定や瞑想の実践によってポジティブな太陽エネルギーに乗ることができる。




ヒキコモリ問題は太陽エネルギーに乗ることで解決できる_d0241558_08515609.jpg





★ヒキコモリたちは「 反太陽エネルギーのネガティブエネルギー 」の中で生きている。だからロクなことがない!カネ社会に心身を汚染されて常に問題の中心をカネ問題に置き換えている。しかしカネがかからない瞑想や禅定によって「 太陽エネルギーを昇華すれば太陽神への帰依 」となり「 親殺しや子殺し 」の五逆までいかなくてもすむのである。











★カネカネカネ社会に身も心も汚染された結果が、「 子殺し 」「 親殺し」「 幼稚園児たちを殺す 」現象のカネ社会の末路となっている。カネがあれば幸福だと洗脳されているから、カネがなくなれば無間地獄がやってくる。いかに社会的に成功しても常に経済的に依存する子供のために地獄を見る!というのが今回の熊澤英昭一家の事件でわかった。





ヒキコモリ問題は太陽エネルギーに乗ることで解決できる_d0241558_17094520.jpg





★元々、禅の者は社会からの落伍者から始まったのである。社会から落伍して太陽神と一体化するための禅定を始めた。熊澤英昭氏を社会適応過剰者だと鷲が呼んだのは、社会には「 太陽神と一体化する! 」という発想がないからである。戦後日本社会設計者のOSS(米国戦略情報局)にそれがない。社会の頂点までも出世をしたのに反太陽エネルギーに殺されたのが熊澤英昭一家だと言える。六道からの抜け道は禅定や瞑想による太陽エネルギーの昇華だったのである!




ヒキコモリ問題は太陽エネルギーに乗ることで解決できる_d0241558_07573131.jpg




★ヒキコモリ問題をナチスのような強制収容所が再び出てきて解決するか?大規模な公共事業に参加させて解決するか?それとも太陽エネルギーを昇華する禅の者となって解決するか?「 太陽エネルギーを昇華する禅の者 」に成って解決するのが一番良い方法だろう。



ヒキコモリ問題は太陽エネルギーに乗ることで解決できる_d0241558_16494267.jpg




       


by xuzu9851 | 2019-06-05 06:45 | Comments(0)