人気ブログランキング |

サーティンキュー

2019年 08月 06日 ( 3 )


井上陽水を再び聴く

井上陽水を再び聴く




d0241558_09422439.jpg



★昔は歌手に成ろうと思って公園で歌って一杯警察の関係の人たちが来たことがありましたが、最近は本当に静かな音楽しか聴いておりません。19歳のパンクの鷲とは全く変わってしましました。良い成長の仕方だと思ってますwww いつまでもロックンロールにこだわった内田裕也はバカだと思います。さて井上陽水の以下の曲を再び復習しましょうかwww














d0241558_12390470.jpg





  



by xuzu9851 | 2019-08-06 22:44 | Comments(0)

「 雷門 」と「 ベールを脱いだ女神 」

「 雷門 」と「 ベールを脱いだ女神 」




d0241558_07285369.jpg


★鷲は2019年7月21日の日曜日、東京の「 雷門 」に行った。ある用事で行ったのであるが「 雷門 」が鷲は呼んでいたことは解っている。「 雷門の雷とは宇宙の父の火の力 」である。殆どの人間はタロットカードを重要視していない。それは残念である。大アルカナの22枚を暗記すれば「 宇宙の財産 」を手に入れたことになる。さて今重要なのはタロットの15から20ののカードである。



d0241558_15205926.jpg
d0241558_15212415.jpg
d0241558_15214630.jpg
d0241558_21175244.jpg
d0241558_15220815.jpg
d0241558_15223094.jpg

★タロットの15は悪魔のカードである。日本人のほぼ全ては「 悪魔に支配されている 」のは間違いない。タロットの16は「 塔 」である。それは「 一時的な文明のようなもの 」と言って良い。戦後の74年間の日本である。戦後の74年間の時代は日本人は太陽神を無視してきた。だから太陽神に裁かれる時を迎えた!と言える。









★立花孝志が今大衆から受けるのは「 戦後体制の否定 」であるからだ。第一に彼が関係したNHK。そして「 週刊文春をぶっ壊す 」「 マツコデラックスをぶっ壊す 」と進んできた。タロットの16の「 塔 」のカードの「 雷 」に立花孝志は憑かれているのだ。彼は「 否定の者 」。宮迫にしろ亮にしろ吉本という「 塔 」を倒す「 雷 」だった。





d0241558_18181134.jpg


★タロットの塔の16の次に「 ベールを脱いだ女神 」の世界がある。それがタロットの17。そこに鷲がいる!ということ。「 性エネルギー昇華 」の知識を普及する仕事をしている鷲は「 タロットの17 」にいる。「 塔を破壊する16 」もやってきている。秘密の秘密の知識の「 性エネルギー昇華 」を普及する仕事を鷲はやっている。しかし「 性エネルギー昇華 」はシンボルやレゴミニズムで世界中で公開されているが。




d0241558_10285097.jpg


★次に18の「 ハネムーン 」であり、次に19の「 太陽の子の誕生 」である。「 太陽の子を誕生させて合格 」である。この世で一番重要な知識は「 宇宙の母の援助を得て、性エネルギーを33個の脊椎骨に沿って上昇させ、脳神経と胸腺に、ハテナ(?)の形で昇華して、太陽の子を誕生させる! 」という知識である。





d0241558_07390664.jpg



★立花孝志はタロット16の「 雷門 」である。その上の世界が「 ベールを脱いだ女神の秘密の知識 」である。「 性エネルギー昇華 」の知識こそが宇宙で一番重要な知識である。全ての人間は「 性で躓く 」からだ。「 性 」に関しては、今、「 性エネルギー昇華の実践! 」しかない!




d0241558_07291634.jpg



 



      





     完



by xuzu9851 | 2019-08-06 22:11 | Comments(0)

立花孝志VSマツコデラックス

立花孝志VSマツコデラックス















★今度は「 立花孝志VSマツコデラックス 」というテーマ。マツコがN国党を評して「 NHK受信料より問題 」とか「 N国党は気持ち悪い人たち 」というのは「 正常な感覚 」である。そのマツコの「 正常な感覚 」が解らない立花孝志の感覚の方に問題があるように思える。「 俺は絶対に正しい 」という「 正義病 」に立花孝志は犯されているのか?




NHKは大きな病気がある大型組織である。制度疲労のNHKには立花孝志は勝つだろう。週刊文春の正義にも勝つかもしれない。しかしマツコデラックスの感覚は「 N国党を見る日本人の正当な感覚 」である。あの醜いマツコがどうしてテレビに出れるのか?それは「 マツコの感覚が正しい! 」からである。










NHKと週刊文春は「 大きな組織 」である。しかしマツコデラックスは個人である。「 大きな組織 」は制度疲労を起こして欠陥があり弱い。しかし「 感覚の鋭い個人 」VS「 立花孝志 」という対決では、立花孝志は弱い、感じがする膿~。今の立花孝志は「 新しい 」し「 戦士 」だし「 正直 」だし「 荒っぽい 」ということで受けている。



★マツコデラックスの正常な感覚とは「 ネット世界の常識は世間の常識よりズット下 」ということ。2チャンネルとか5チャンネルの世界は「 ハキダメの世界 」にすぎない。鷲の表現では「 性的退廃者の世界 」である。その世界に立花孝志はズッポリと嵌りすぎているのである。それだから「 税金をもらって食っている公人としてはどうなの? 」という質問は当然くるだろう。




★ネット世界はどんどん変わっているから「 性的退廃者の告白 」の世界からいずれ解脱するだろう。また本音とは必ずしもゲスの感情ではない。マツコデラックスがN国党を見る感覚が実は「 正常な今の日本国民の感覚 」であるのだ。立花孝志は今のNHKという腐敗した大組織には勝てるかもしれないが「 正常なマツコデラックス感覚ような普通の日本人一般には敗北 」ということになる鴨ね!?






d0241558_12372969.jpg

    



by xuzu9851 | 2019-08-06 01:03 | Comments(1)