人気ブログランキング |

サーティンキュー

2019年 10月 07日 ( 4 )


「異界への扉」都市伝説・怖い話・怪談朗読シリーズ


「異界への扉」都市伝説・怖い話・怪談朗読シリーズ





ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


★「 異界への扉 」というユーチューブで偶然みつけたものを聴きながら眠りに入った。そして深夜に目を覚まし再び聞くと「 ソフトな怖い話 」であることに気づいた。鷲の体験ではエレベーターが突然止まりドアが開かず、もう一人の男性と二人で30分くらい閉じ込められた経験がある。何より鷲が一般人と違うのは、20歳代から鷲は「 スートラ(お経)・マントラ(真言) 」を唱える者だから、異次元の不思議な存在を常に意識してるということ。





★鷲の20歳代の中盤、フォーカスという写真週刊誌があった。今は誰もが忘れた廃刊された写真雑誌だが、その週刊誌が問題になった記事の中で中学生の少年が両親が殺した事件の記事があった。その中学生に両親が殺された事件の家に鷲が入ることになった。周囲の者たちは、20歳代の鷲が「 スートラとマントラ 」を常に唱える者だと一人も知らず、鷲の両親も知らないのだが、その当時の大事件の少年Aの事件が終わった後にその家に一人で住むことになった。





★一階の居間には大きな新聞紙の何枚かが何かを隠していて、その新聞紙をめくると「 血の跡 」がある状態。これはミゲルネリから習った「 悪魔祓いをしろ! 」ということをすぐに理解したので、その頃は、ミゲルネリ流の欧米魔術的な悪魔祓いをやっていた。それは昼間であった。夜になると「 有名なお化け屋敷 」ということで日本中から見物客が大勢見に来る。それに対応していたが、見物客には危険な者はいなかった。






★あの時は、地元のラジオや新聞に出た。しかしミゲルネリの教えに「 有名になることは不利 」というのがあった。ミゲルネリは写真を撮らせることはなかった。それはカルロスカスタネダの影響であると、今は解るが、あんがい正しい、と今でも思っている。精神的支柱の人間とお笑い芸人は違うのである。






★20歳代はキリスト教が悪魔教だという確信はなかった。その「 綺麗なお言葉 」に騙されていた。しかし悪魔祓いをやっていた頃の、ラテン語の「 4の呪文 」や「 7の呪文 」は効いていたのかもしれない。あの両親殺害の事件の家に入り「 悪魔祓い 」をしろ!と鷲を指名したのは太陽神だと今は解っている。その悪魔祓いの方法は正しかったのだと鷲は今は思っている。






d0241558_18021939.jpg



        




by xuzu9851 | 2019-10-07 20:01 | Comments(0)

戦士の生き方こそが最高の生き方である!

戦士の生き方こそが最高の生き方である!











★ホリエモンがテレビマスコミで持て囃されているのは、単純に「 若き金持ちで自由に生きている! 」というイメージがあり、それを日本の【 金があればなにもかもOK 」と信じている若者が憧れるからである。大江健三郎の初期の作品に「 飼育 」というのがあるが、戦後の日本人は米国に飼育されたサル人間である。この「 サル人間 」という表現は鷲が高校生の頃、週刊プレイボーイに掲載された鷲の文章のタイトルで、今は「 性的退廃のサル人間 」という表現になる。またサル人間とは六道世界を生きる人間であり、米国も昔は日本人のことをイエローモンキーと言っていた。イエローモンキーの日本人をエコノミックアニマルに「 飼育 」したのは米国の政治的な戦略であった。





d0241558_16132261.jpg






★大江健三郎の作品では「 暗い戦後の性的退廃世界 」から抜け出ることができないが、鷲はキリスト教を悪魔教だと見抜いたし、本当の日本史も知っているし、性エネルギー昇華の実践者である自覚がある。鷲が高校生の頃「 週刊プレイボーイ 」に日本人はサル人間と書いた、その結果、サル人間ではない賢者の道を太陽神から与えられたと思っている。その最大の知識が「 性エネルギー昇華 」である。





d0241558_15563082.jpg






★鷲が得た「 性エネルギー昇華の知識 」を、どんどんと、このブログやグーグルから追放されたので【 紙に活字を印刷する本 】の世界まで行って公開したい!と思っている。常に【 黒い太陽神 】との闘いが人間の人生である。その戦いの果てに「 赤い太陽神と一体化できるか? 」、それを問われている。結局のところ、鷲の聖典は子供の頃に見ていたウルトラマンに戻ったのである。それは正しい道を歩んでいるからだと思っているwww





d0241558_13452530.jpg






★鷲は「 この世の謎の何もかもを解明かす 」というのを生甲斐にしているが、グーグルの教義変更(アルゴリズム変更)があるとは知らなかった。人間は常に「 黒い太陽神と戦う戦士の状態がマトモ 」である。鷲は戦士である。それは10代からである。鷲が10代の時「 良い学校に行ってデカい組織で働けばバラ色の人生である 」という「 黒い太陽神のささやき 」が日本人を支配していた。





d0241558_19093297.jpg






★しかし上の事件である。彼は東大を出て、農林省に入り、事務次官まで行って、外国の大使までなり、二つの会社の天下りでカネも名誉を得たが、ヒキモリの息子と生死を争う闘いをして、息子を殺して、今は刑務所である。本当に数字の六という世間を信じると最悪の世界になるということ。常に人生とは「 黒い太陽神との闘い 」と肝に銘じなければならない。












★鷲は20歳の頃、横浜にいたが、その当時の通学路に、統一教会の信者たちが常にいて鷲を常に勧誘して、鷲は統一教会の合宿に参加した。しかし洗脳されることはなかった。それが統一教会の戦いが始まりになり、結局、カルトとの闘いは今もずっと続いている。そして、この戦いは【 イエズス会との闘い 】なのだと理解している。秀吉と同じ。ウソの神を信じる者たちとの闘いである。





d0241558_11501085.jpg






★【 黒い太陽神 】との闘いの果てにグノーシス(本物の知識)を得ることができ、【 赤い太陽神との合体 】の可能性があるのである。自然に、鷲の「 言語的な表現 」は訓練されたと思っている。そして鷲は常に【 戦士の位置 】にある。戦士とは【 死ぬことを恐れず、真実を公的に明らかにする者 】だと思っている。戦士こそが最高の生き方である!




d0241558_10152128.jpg





  




by xuzu9851 | 2019-10-07 17:20 | Comments(13)

金ピカ先生の死にざまは何を意味するのか?

 金ピカ先生の死にざまは何を意味するのか?



d0241558_15413504.jpg




★鷲は自然界の産物の全ては太陽神から誕生したと考え全てに太陽神からのメッセージがあると考え、例えば、歩いている時に黒いカラスに出会うと「 カラスはどうして黒いのだろうか? 」と考えるようなことが好きである。カラスが黒いのは「 黒い太陽神 」はカラスと同じように我々の身近にいるもの!という太陽神からのメッセージだと考えている。そして人間の姿形もまた太陽神からのメッセージであると思っている。そして今回言いたいのはあの金ピカ先生の死ぬ一か月前の【 魂の抜け殻のような姿 】である。










★考えて見れば金ピカ先生はバブル景気の時の象徴だったような気がする。あの【 ヤクザ+金ピカ 】の姿は、バブル時代の【 地上げ屋 】の姿ではなかろうか?バブル時代は不動産が高騰した時代である。だから良い土地があると売ってくれ!と不動産屋が必ず行くのであるが、売らないとヤクザが土地所有者を脅しに行ったり、それでも売らないと車を突っ込んだり放火したりして社会問題になった。それが【 地上げ屋 】なんだが、そのカネ周りの良いヤクザの【 地上げ屋 】の姿をしていたような気がする。











★そして1991年にバブルは崩壊する。1991年、金ピカ先生は予備校講師を辞めてタレントになっていた。しかし人気は続かなかった。しかしバブル時代に2億も年収があった癖が抜けれずカネがないのに放蕩生活をしていた。そして2001年に知名度を生かして参議戦に出るが落選。それで一文なしになる。




d0241558_13480727.jpg






★そして2017年に妻が出て行って「 魂の抜け殻 」になってしまった!という人生。結局、金ピカ先生はバブルの時は絶頂だったが【 バブル崩壊そのものを生きた人物 】ということ。では?金ピカ先生が【 魂の抜け殻 】となって死んでしまったことは、何を意味するのか?バブルのようにカネ使いが荒い前澤友作のような者が大転落する!という【 暗号 】であろうか?





d0241558_11521893.jpg
d0241558_08362877.jpg
d0241558_08430239.jpg






★今年の夏、米国でも少女買春の大富豪エプスタインが刑務所で自殺した。エプスタインの手帳(聖杯)にはトランプ大統領・アンドルー王子、クリントンの名前が書いてあった。その手帳が公開されてバブルを生きた者たちが大転落する【 暗号 】としての金ピカ先生のあの死に方だったのだろうか?金ピカ先生の最後の姿があまりにも衝撃だったので、しばらくはあの姿が鷲の脳髄にパックリと入ったまんまになっているだろう。






d0241558_19380786.jpg




   


by xuzu9851 | 2019-10-07 13:04 | Comments(15)

金ピカ先生は【 魂の抜け殻 】となって死んでしまった!

金ピカ先生は【 魂の抜け殻 】となって死んでしまった!










★上の「 金ピカ先生 」の姿を見てびっくり仰天。これほど人間は落ちぶれるのか?どうなってるのこれは?という感じだ。あまりにも全盛期と違うからだ。彼は1980年代が全盛期?30数年前が全盛期?そんなに時間が経過したのか?ちょっと前の人って感じがしていたが。カネはなく生活保護に頼っていたという。そして電気もガスも止められている。謝礼を貰うと生活保護が止められるらしい。






★妻が出て行ったことが最大の喪失感なんだろうね。朝から晩まで焼酎を片手にしている。完全なるアル中である。そして今年の9月中旬に死んでいる。【 魂の抜け殻 】という言葉があるが、まさしく晩年の金ピカ先生がそれである。しかし同じような状況の人間を何人か見て来た。愛する人たちを失った時にこのような状況に入る。









★鷲は常に【 太陽神と一体化する 】と書いているが、それは【 魂と一体化する 】と同じ意味である。朝から晩まで酒を飲んでも精神は全く休まらないが、酒を飲まずにいられない状態なのだろう。そして身体が痛いと言っている。最悪である。つまりに人間として最低最悪なのは「 魂の抜け殻の状態になること 」である!と再確認したから鷲は金ピカ先生の姿を見てビックリ仰天したのだ。






★どうみても68歳ではない。80歳代後半に見える。「 早く死にたい! 」と金ピカ先生は語っているがその言葉通り死んでしまった。将棋で王将を取ることが【 太陽神(魂)との一体化 】である。しかし金ピカ先生は「 王将(魂)を取られた状態で死んでしまった 」。このような状態の老人たち、いや日本人は多い。それを再確認した記事と写真であった!




d0241558_13430880.jpg
d0241558_10271084.jpg
d0241558_12501416.jpg

d0241558_10260610.jpg

d0241558_15395066.jpg
d0241558_15411968.jpg


   


by xuzu9851 | 2019-10-07 10:46 | Comments(0)