サーティンキュー

13日の金曜日とタロットの14と女性党首ルペン



★13日の金曜日の夜、パリで同時多発テロがあり、死者128人、負傷者250人、実行犯の8人も死亡した(2015年11月15日の記事から)



★さてこの事件をタロットカードで解説して、2017年のフランスの大統領選は極右政党の国民党の党首のジャン=マリーヌ=ルペンが成るのでは?と推理する。



★死神13の降臨と左から右への転換を書いていきます!
















1、13日の金曜日



★前回の鷲のブログの「蘇るヒットラー」を書いた時、ヒットラーはタロットの12の「吊るされた男」だと書いた。この70年間、ヒットラーほど世界から罵詈雑言を受け否定され誹謗中傷された続けた者はいない。しかし鷲は前回、今は「裏が表に出て!世界は変わる!」と書いた。



★鷲のブログと同じ動きなのが今回のパリの同時テロである。そしてそれが起こったのは『 13日の金曜日 』である。不吉な日の世界的代表である『 13日の金曜日」に、その伝説どうりにフランスで同時テロが起き、多くの死傷者が出た。



★鷲は世界動き方はタロットカード同じ動き方をする!と書いてきたが、まさに、12、13、14のタロットが世界で起きている謎を解読する鍵である。タロットと同じ動きをしているから簡単に解かるのである。まずは三枚の以下のカードをみていく。










★タロットカードの12の「吊らされた男」とは戦後70年間、否定され、罵詈雑言され、誹謗中傷、され続けたヒットラーのような男だと考えれば良い。しかし彼は、今、「蘇ってきた」のである。様々な暗号で解かる。



★そして2015年11月13日の『 13日の金曜日 』に起きた、パリの同時多発テロが数字の13の『 死神の降臨 』である。死神が降臨するところからドラマは始まるのである



★そして14の『 節制 』のタロットの絵柄を見ると、太陽神が左のカップの中の液体を右のカップに移している。これがこれからフランスで起きることで、社会党というサヨク政党から国民戦線という極右の政党にこれから変わるだろう。『 左から右 』の転換である。



★日本でも3,11という「死神13の降臨」から、民主党というサヨク政党から自民党のもっとも右である関東軍の子孫の安倍総理の時代に変わったのである。この


   死神の降臨

    ↓

   サヨク政党から極右の政党に変わる




  上の出来事は日本の方が早かったのである。




★さて、体制が左から右に変わるとどうなるのか?左の体制で最も嫌われたいたヒットラーが正統な英雄として蘇るのである。それは映画「帰ってきたヒットラー」が出だしだが、本格的にヒットラーを擁護して、認める者が出てくるだろう。



★鷲の場合は、一昨年から、関東軍とナチスヒットラー支持である。つまりタロットの「吊るされた男」が逆さまではなく、180度転換して、「吊るされた男」の頭が上に来る現象となって見えてくる。それはその人間の真実の探求による認識の変化である。ヒットラーは正しかった!という者が近く多く出てくるし、その者達が正しいのである。鷲はすでに「ヒットラーは正しかった!」という結論になっている!



★なぜなら、ヒットラー極悪説は嘘によって創られたものにすぎないから。正式に云えばユダヤがそれを仕切っているわけではない。ユダヤ人とは間違った信仰と間違った考えのシンボル的な人種にすぎない。



宇宙の仕組み全体がこの『 ゲーム劇場 』をやっているのだ。人間の自由とは2つある。1つは目玉親父に従う自由。2つ目は『 目玉親父に逆らう自由 』である。戦後70年間は『 目玉親父に逆らう時代 』であったが、今は『 目玉親父に従わなければ生きていけない時代 』に変わったのである!











2、極右の時代



★フランスの同時テロで注目されることは、難民を偽装してテロリストが出てきたことから、フランスの極右政党の国民戦線の『 難民排除 』が注目を浴びていることである。また2017年にフランスの大統領選があり、国民戦線の女性党首のジャン・マリーヌ・ルペンが大統領に成るかもしれない。その可能性は十分にある。



★石破茂地方担当相は、11月20日のテレビ出演の時、「共謀罪」が必要という発言をしていた。これから共謀罪が新設され、それがアカ狩り、ユダヤ狩りとなっていくだろう。私の云うユダヤとは聖書を信じるカルト信者という意味である。



★聖書を信じるアカとはシールズそのものである。シールズは共謀罪が制定されるまでの生命だろう。聖書はバアルに反逆する文書であり、「嘘の書」である



時代は『 極右 』である!今の自民党とは関東軍的極右になりつつある。そして関東軍の蘇りが安倍政権の本質である。そして、極右、共謀罪、に加えて、マイナンバーとくる。このマイナンバーが『 目玉親父が数字として出てきたこと 】であるのだ。数字を神とする時代の始まりである。



マイナンバーの時代の本当の主は目玉親父の化身である数字となるだろう!目玉親父が出てきた時、これまで反目玉親父を発言してきた、聖書を信じる者、アカ、カルトの者達は迫害されるのである!かつてのナチスや関東軍の時代が繰返される!


ーーーーーーーーーーーーーー


補足

★これから欧米でナチスヒットラーを公然と褒め称える人物が出現するだろうが、それがフランスのジャン・マリーヌ・ルペンの使命かもしれない。公然とヒットラーを褒める!という発言は鷲も2年前からネットでやっているわけで、鷲は世界でもかなり早い方であると考えている。それは長い探求の結果である。



★3,11から日本はサヨク政権から関東軍の蘇りの極右の安倍政権に変わった。同じように11月13日の金曜日に起きたテロによって女性党首ルペンが率いる国民戦線が勝ち、ルペンがフランスの女性大統領に成る可能性はかなりある。



★3,11も11,13も数字の『 1 』と『 3 』しかない。これはなぜか?この問いに正解を出せる者が真のグノーシスの者である。時代はグノーシスである。ジョブズが広めた『 林檎を齧るマーク 』、あれこそがグノーシスのマークであるのだ。



★タロットカード12の『 吊らされた男 』をよ~く見ると頭が光っていることが解かる。戦後の70年間、この『 吊らされた男 』だったのが、アドルフヒットラーであるが、彼はこれから出てくるグノーシスの者達に崇拝されるだろう。



そしてその時、ヒットラーを誹謗中傷する者たちが、バアル神(目玉親父)を否定し続けるユダヤ人だ!と断定されて迫害されるのである!









[PR]

# by xuzu9851 | 2015-11-17 13:41 | Comments(0)