サーティンキュー

鬼の出現としての熊本大震災!


★前回の鷲のブログで今回の熊本大地震は鬼道の世界であり、鬼道の世界はウルトラマンに描かれている!と書いたが、それには自信がある。これは冗談で言っているわけではない。これからのストーリーはウルトラマンで既に示されているのだ。



★四国には88箇所と33箇所がある。その意味を、今、解読して語ることは辞め、九州とか四国とか88とか33とか【 九州と四国は数字にこだわる世界である 】ことに注目した方が良いだろう。数字の意味を追求することがグノーシスであり、鬼道であるのだ。



★宗教とは「世界平和」とか「戦争反対」とか「愛」とか「光」と言ったキレイごとの単語を崇拝することでない。内なる太陽神と【 結び 】つくための日々の戦いであるのだ。レルジョンの意味は【 結びつく 】である。



★現代の宗教団体は全て間違い。1980年代に出現した自称メシアの大川隆法や五井野正や深見東州や麻原彰晃は全て間違い。宗教詐欺師にすぎなかった。



★時代は【 大転落 】の時となった。2016年4月までの、鬼、或いは、シリウス、からきた【 暗号 】を読み解こうと思っております。







1、2016年4月までの大転落現象






1、タレントのベッキー → 不倫で大転落。テレビ出ない。CM全部ダメ。
2、自民党議員の宮崎謙介 → 不倫で議員辞職
3、甘利明・経済産業省大臣 → 口利き賄賂で大転落中
4、清原和博 → シャブセックスで大転落中
5、叶姉妹 → 体調不良
6、岡本夏生 → 芸能界引退
7、乙武 → 5人と不倫で大転落中
8、ショーンK → 経歴詐称で大転落(もう忘れたw)
9、マスゾエ → 都税で豪華旅行、そして熊本大震災中にワシントンのパレードで大転落中
10、バトミントンの桃田と田児 → 闇カジノの博打で大転落
11、藤原紀香 → 歌舞伎役者と結婚するがなにもかもバッシング状態




★今年、2016年4月までは上のように芸能人やタレントや政治家が転落している。彼らは有名人だから目立つが、一般人の無名の者達も多く転落しているだろう。さて、転落の原因を考えると、不倫、性欲(乙武)、カネ、ウソ、博打、シャブ、などもが見えてくる。これらはタロットの15の悪魔の世界だろう。数字の15は1+5で6。つまりロクデナシの世界。




★芸能人や政治家が今年になって週刊文春で暴かれ大転落する現象が賑わしているが、2016年4月14日に震度7,3を記録した熊本ではこれまでの7日間で震度4以上が82回もあり(2016年4月20日AM7:00まで)、震度1以上の地震は673回(2016年4月20日AM7:00まで)を考えると常に揺らいでいる状態である



余震がこれだけ長いことを考えると3,11より悲惨な状態で、戦後71年間で最悪の事態になっているのかもしれない。食料と水の争奪戦、車中で生活し、トイレもままならず、家は崩壊し、常に地面は揺れているのが、今の熊本である。








2、鬼の出現としての熊本大震災


★地震・雷・火事・親父と云うコトワザがあるが、最初に地震が来るのは、地震が一番怖いからだろう。ネットでは親父は大山嵐の意見が多く、親父は強い台風と云う説が検索では上に上がっている。が鷲は親父はトーサン(10と3)であるので【 13 】で良いと思っている。そして地震、雷、火事とくれば【 火 】である。古代、火を崇拝する拝火教(ゾロアスター教)があり、ナチスは聖火をベルリンオリンピックから復活させた。



★鬼はなぜ出現するのか?それは六道の否定である。最初にタレントやスポーツ選手や政治家の不倫、金、シャブ、博打、ウソ、性欲による大転落を書いたが、この者達は今の日本を代表にする六道(ロクデナシ)の者たちであったのだ。ロクデナシがこの日本を支配している!と鬼(カミ)が彼らを選んで生贄にした!と鷲は思っている。



★そして九州という数字の【 9 】に深く縁がある地域で震度「7,3」と震度「7」の連続大地震。九州がロクデナシ地帯だから大地震が来た!とは云ってない。日本全体がロクデナシに支配されていることが、今年4月までの現象だったと云っている。そして【 13 】の鬼(カミ)が出現して、【 9 】を誕生させるストーリーが進んでいくだろうと鷲は最初から予測している



★ウルトラマンのストーリーは

 1、大怪獣の出現
 2、全ての人々が逃げる
 3、科学捜査隊だけが大怪獣と戦う
 4、科学捜査隊が勝ち目がなくなる
 5、ハヤタがウルトラマンと合体する
 6、ウルトラマンと大怪獣が戦う
 7、ウルトラマンの勝利

 というストーリーである。



上の物語の中でウルトラマンが【 13 】であり、ハヤタが【 9 】である。13と9の合体が【 超人 】の誕生である。真言密教では胎蔵界の大日如来が【 13 】であり、遍照金剛が【 9 】である。真言密教の目的は胎蔵界の大日如来と【 結び 】つく遍照金剛の【 9 】に成ること。それを簡単に子供用の物語にしたのがウルトラマンであったのだ!



そして四国の【 4 】とは胎蔵界の世界であり、九州の【 9 】とは金剛界の世界である。また4は13と同じで、四国と九州はセットで13+9の世界となっている両界曼荼羅の世界。






鬼(カミ→太陽神)が出現するのは六道を破壊するため。そして目的は内なる太陽神と【 結び 】ついた【 9 】である超人を誕生させるためであるのだ!








ーーーーーーーーーーーー

補足


チベット六道輪廻図は様々なことを教えてくれる一枚の絵だと思っている。まさにエジプトのピラミッドやアステカのカレンダーと同じく客観芸術である。六道の者は三つ目の鬼に殺される!という意味が一つ。また火によって変換(生まれ変わらせる→6から9への転換)というのが二つ目の意味。



★三つ目の鬼の頭上を見れば髑髏が7つある。そして髑髏の上には火がある。それは『 髑髏→死 』と『 火による変換 』であるのだ。イエスの像は、ゴルゴダという髑髏の意味の丘の上に磔の十字架があり、イエスの頭上にはINRIという文字がある。この文字の意味を解いた者はまだいないが、『 火による変換 』という意味に鷲は解読している。



我々の生涯は死神(13)との戦いである。6であるロクデナシであるかぎりは、我々は死神(13)に殺される運命である。ロクデナシとは今年の日本の4月まで騒がせた、不倫、ウソ、シャブ中毒、博打中毒、性欲、カネの者達だろうか?もちろんその者達がロクデナシの典型であり、現在、熊本に震災泥棒に入っている者達こそがロクデナシの典型である!



★カフカの『 審判 』では何にも罪がないヨーゼフKが、ある日突然に逮捕されて、犬のように殺されてしまう、謎の小説である。この『 審判 』という小説こそが現在の熊本人の多くが思う『 なんの罪もないのにどうしてこんな不幸に成るんだ! 』という不条理の感覚であろう。しかし不条理ではない。宇宙は目玉親父(太陽神→13)と結びついた『 9 』しか認めないのだ!それが1988年2月の『 机9の字事件 』のメッセージだった!『 数字の13 』の謎解きをして、『 13 』と結びついた『 9 』に成る者が、サンサンクドの秘儀を通過した真人間であり真の日本人であるのだ!




戦争や大地震や大災害がなぜ終わらないのか?それは鬼(カミ)は人間(人間の姿は神の姿)の姿をした『 6 』を許さないからだ。太陽神と一体化した『 9 』しか認めない(→旭)。だから戦争や大地震や大災害やその他の全ての災いは、太陽神が鬼として死神として六道の者の前に出現した現象である。カルトの云う神は『6の数字の人間』の創作した妄想である。だから愛・平和・慈悲などの言葉を使い限りなく人間に優しいが、いずれそのようなウソの神を創作した教祖や信者たちは、『 13 』の力で破壊されてしまう。カルトとは本物の鬼(カミ)に逆らう存在であるからだ。カルトと何でも反対するサヨクが合体するが、どちらも鬼に逆らうゆえに、鬼に滅ぼされる運命である!



★新約聖書は元はグノーシス文書であり、グノーシス文書とは暗号で書かれていた。ギリシャ語の新約聖書のイエスキリストの処刑の時間は正午6時から午後9時。古代のユダヤの正午は6時だった。この6から9の謎に挑戦したのがロシアの文豪のドストエフスキーであった。しかし彼はキリスト教のウソを見抜くことはできなかった。『 6から9 』とは古代から永遠の人類へのメッセージであるのだ!









[PR]

# by xuzu9851 | 2016-04-19 21:17 | Comments(0)